愛犬が変わるたった一つの方法

あなたが変われば愛犬が変わる。BSKが綴る「飼い主さん矯正マニュアル」

愛犬の無駄吠えをやめさせるには○○が効果大!

f:id:dogbsk:20170403132445j:plain

 

これを読んだらこんなことがわかります!

 

愛犬の無駄吠えに困っている人がとっても多いようなので、とっても簡単なのに効果大な方法をお伝えしますね。

それは・・・ フセをさせちゃうことです!

 

「フセくらいなら、うちの子だってできるよ!でも、無駄吠えするよ!」

いえいえ、吠えている最中にあなたに注目させてフセさせることができますか?

今日は、無駄吠えをやめさせることについて、犬の気持ちやその根本原因と解決法のヒントをお伝えします。

なぜ伏せると吠えるのをやめるの?

 実は犬はフセの姿勢のまま吠えるというのはなかなかしないものなんです。思い返してみると、そのシチュエーションはほとんど見たことがないと思います。座りながら吠えることすらあまりないのでは?

なので逆にフセさせてしまうとおのずと鳴き止まざるを得ないことがほとんどなんです。

あなたの愛犬はなぜ吠えているの?

愛犬の無駄吠え、どんな場面で困っているかを振り返ってみてください。

  1. 来客があった時、ピンポーンの音で吠える
  2. 外に向かって、通りすがりの人などに向かって吠える
  3. 散歩中、他の犬に向かって吠える
  4. なにかおねだりするときなど、飼い主に向かって吠える
  5. 留守中、さびしくて吠えているらしい

だいたい、この5つのうちのどれかに近い感じではないかと思いますがいかがですか?

1、2、3は警戒して吠えているので、犬の本能みたいなもので完璧にやめさせることは非常に難しいのですが、100点満点を目指しまったく吠えなくさせるのではなく、たとえ吠えても飼い主の指示でやめさせることができたり、物理的対処で頻度を軽減させることができます。

まずは物理的対処で無駄吠えを減らそう

2のパターンでは、番犬の役目を与えないように直接外が見えないようにするとか、窓際や玄関など物音や視覚的に刺激の多い場所にハウスを置かないなど、居場所を工夫することで軽減することができます。

ご近所に、外がよく見える窓際にドッグベッドが置いてある家がありますが、その家の前を通るたびに、かわいいマルチーズが大騒ぎで吠えています。外を見て吠える犬のお悩みを抱えている人の愛犬は、たいてい玄関や、窓際など人の往来がよく見えるところに犬が行けるようになっています。

番犬の役目を立派に果たしているのでそれが目的ならいいのですが、もしもそれをやめさせたいと思うなら、ベッドの位置を変える必要がありますよね。 

吠えるようになってからやめさせるのは大なので、これから新しく子犬を迎える場合は、外からの情報が入りにくいところにケージを用意するようにしましょう。

犬は吠えて当たり前。でもやめさせられないのは大問題!

犬が警戒して吠えるのは本能なので当たり前です。でも「もうやめてよし!」とリーダーが指示したらやめるのも自然な犬の姿です。

あなたが愛犬の理想のリーダーとして認められていれば、リーダーのいう事を聞かないなんてことはありえないので鳴き止ませることができるでしょう。

もしも愛犬があなたの指示に従わないのだとしたら、指示がわかりづらいことも考えられますが、たいていは良くて一緒に吠えている群れの一員のうちのひとり、悪い場合は群れの中でも自分よりも格下と思われています。

犬が吠えているときに、一緒になって大きな声で「こら~っ!」と叱っている時、愛犬は仲間と一緒になって吠えてるつもりでいるかも!

今や家族同然に室内で暮らす犬も多い中で受け入れがたい人もいるかもしれませんが、犬は群れで生きる性質を今も受け継ぐ社会性のある生き物なのです。

家庭犬にもオオカミの血が流れている?! 

イヌ科の動物の中でもオオカミは犬に最も近いと言われ、群れで暮らす生き物として知られています。 群れが飢えたり危険にさらされることもなく厳しい自然界で生き延びるためには、強いリーダーの元に統率されていることが望ましく、生きるか死ぬかはリーダーにかかっているといっても過言ではないでしょう。

群れの一員である以上、もしもリーダーにとがめられ時にはそれに従うというのが当たり前。群れはそのように規律を守ること安心が確保されて成り立っているとイメージしてください。

 一年中快適なエアコンの効いた室内で、毎日2度の食事に確実にありつけていたとしても、うちの子は自分ことをぜったいに人間だと思ってると見えたとしても、そういう気質が脈々と流れているのが犬という生きもの。心のどこかで、頼りになるリーダーを今も求めています。

 

犬に安心を与えられる飼い主とは?

愛犬が吠えるのは仕方ないけれど、吠えているのをやめさせることができないことが問題だとお話しました。

私たち人間は、別にリーダーになりたいとは思わないかもしれないし平等でいいと思うかもしれません。 でも、愛犬にとってはどうでしょうか?

社会性のある動物である犬が、ストレスなく安心して暮らすために必要なのは、信頼できる群れの一員として暮らすことです。これは命にかかわる問題として植え付けられています。

もしもあなたの愛犬が、誰がリーダーなのかがはっきりしないうやむやで不安定な群れで暮らしていると感じているとしたら、それは安心して暮らせる環境を提供していないということになります。

群れの一員のうちどっちが上か下かの小競り合いみたいな落ち着かない感覚を抱えながらいつも生きることは、愛犬にとってとてもストレスが大きく、肉体面・精神面に不調をきたすこともあるほどなのです。

あなたの「甘やかし」は、自分のためだけの幸せになってしまってはいませんか?

 

こちらもおすすめ

dogbsk.hatenablog.com

 

広告を非表示にする