愛犬が変わるたった一つの方法

あなたが変われば愛犬が変わる。BSKが綴る「飼い主さん矯正マニュアル」

愛犬のドッグフード「オーガニックなら安心」から、もう一歩先へ!

f:id:dogbsk:20170630090227j:plain

 

ドッグフードって袋を開けると気持ち悪い臭いがしませんか?

でも、「ワンちゃんたちにとってはあれが食欲をそそる匂いだから仕方ないのかな・・・」と、諦めてガマンしているひとも多いようです。

あの強烈な臭いの原因の一つは、油なんです。

あまり深く考えたことがないかもしれませんが、ほとんどのフードは油で揚げて作られています。

 

素朴な疑問を持つことを忘れてしまっていませんか?

 「毎日揚げ物を食べさせるって健康的にはどうなの??」

「外国からはるばる輸入されてきて、食器に入れたときには、いったいどれくらいの時間が経っているのかしら?」

「揚げ油は酸化してないのかしら?」

「揚げ油の品質はどうなのかしら?いい植物油を使うにはフードの価格って安すぎないかしら?」

 

犬はドッグフードを食べさせるのが当たり前だと考えられていますが、 同時にこんな当たり前の疑問を感じることを忘れてしまってはいませんか?

そこに向き合った時、 「オーガニックなら安心」というところから、もう一歩先が見えてくるのかもしれません。

 

BSKが考える 良いドッグフードを選ぶ3つのポイント

 

BSKでは、次の3つをドッグフード選びの安全基準と考えています。

  

●手作りゴハンほどではないけれど、 やっぱり、できる限り新鮮である事。

●無駄なものをくわえずに、 よい食材だけを原材料にすること。

●油で揚げていないこと。

 

数値だけで見た栄養のバランスだけでは、健康なカラダは作れません。

「総合栄養食」といっても内容はさまざまです。

いったいどんなフードを選べばいいの?という方は この3つのポイントを参考にしてみてはいかがでしょうか?

 

BSKのフード選びは時代の先を行き過ぎた?!

 

BSKオリジナルドッグフードの初期のタイプは、【犬にはドッグフード】という常識が日本で生まれて今ほど市場が成熟していないころ、BSKの袴田オーナーが理想とするフードの原型として誕生しました。

 

袴田は日本犬の繁殖を長く手掛けているブリーダーとの情報交換や、イギリスやアメリカへ渡り、世界で活躍するフラットコーテッドレトリーバーのトップブリーダーの犬舎を訪れた経験などの中で、日本で暮らす犬たちに必要なある要素に気付いたといいます。

良質と言われているドッグフードの多くは欧州・北米原産のものが多いけれど、日本はそれらの国に比べて高温多湿で、原産国とは気候も環境も違うところに目を向け、「日本の犬たちにはこれほど高い脂肪分は必要ないのではないか?」と感じたのだそうです。

ドッグフードが日本で広まってからというものの、昔はあまり見られなかった皮膚トラブルに悩犬たちが増えているのは、このことと関係するのではと考え、自分の愛犬に与えられ、お客様にも自信をもって進められる安心で健康的なフードを探したそうです。

しかし当時、市販のものでイメージ通りのものなど存在しておらず、ドッグフード製造をしている会社に依頼して、自分の考える理想の栄養バランスで作ってもらうことにしたのが初期のBSKフードでした。

 

販売当時は、テレビCMで流れているような一般的な安価に手に入るドッグフードに特に疑問を持つ人もいなかった時代で、そこまでフードにこだわってオリジナルで作って販売するなんて商売になるはずがない、気が変だと言われたこともあるそうです(笑)

 

しかしそれからも袴田の探求は止まず、今の製造工場との出会いがあり、理想通りのオリジナルフードを作れるようになりました。

今ご提供しているBSKフードのレシピになって10年が過ぎました。

時代は変わり、今ではより良い品質のドッグフードを愛犬に与えたいという方がとても増えてきているので、BSKフードのこだわりに共感してくれる人も増えました。

小さいころからずっとBSKフード一筋というワンちゃんもたくさんいます。

 

BSKフードのこだわり

 

BSKオリジナルドッグフードは、もちろん3つのポイントをすべてクリアしています!

食材のこだわり

 

土作りから取り組む農家さんが作った有機、無農薬・減農薬の穀物や野菜と、徳島産神山鶏のムネ肉をベースにするなど、食材は産地までわかっていてとにかく素材にこだわっています。

化学合成された栄養素や添加物を使わずに、食材だけで総合栄養食として認められる栄養バランスを満たしています。

だから聞いた事がないような物質やカタカナや記号だらけということはなく、すべておうちで使うような食材ばかりが並んでいるので安心です。

玄米は消化にいいように一度炊いたり、野菜を下茹でしたり、下ごしらえもしっかりほどこした「お母さんの手作り」がコンセプトです。

 

製法のこだわり

 

多くのフードは油で揚げてつくりますが、BSKフードはロースト製法。

材料を混ぜて形成したあと、大きなオーブンで低温でじっくり焼いています。 

 揚げて膨らませる製法と違い、中身がぎっしり詰まっているのも特徴で 噛みごたえのあるサクサク感と、噛むとじゅわっと味が染みる感じがワンちゃんたちにも人気!

フードを食べなくて困っているという飼い主さんのお悩みもたくさん解決しています。

 

新鮮さのこだわり

 

フード工場は都内にあり、店舗からおよそ20キロの距離ですから作りたてが届きます。 海外からはるばるやってくるフードが多い中で、BSKフードは新鮮さもピカイチです。

もちろん在庫を大量に抱えることもしていません。

輸送にかかる費用、排出されるCO2などもそれだけ少ないから、環境にも優しいんです。

 

オーガニックフードのその先の安心を愛犬に。

 

BSKフードをいつも愛用しているみなさんは ドッグフードって臭いって事すら忘れてしまっているかもしれませんね。

当たり前の疑問にしっかり向き合って作られた、一歩先の安心フードとして ぜひこれからも愛犬の健康のためにご愛用ください。

 

BSKフードは送料無料のお試しパックのご用意もあります。

これを見て初めて知った方はぜひ一度愛犬のためにお取り寄せしてあげてください。

 

触っても手に油がつかなくてサラサラ。

嫌な臭いも全くしなくて快適です。

 

f:id:dogbsk:20170630094934p:plain

 

bskmarket.ocnk.net