愛犬が変わるたった一つの方法

あなたが変われば愛犬が変わる。BSKが綴る「飼い主さん矯正マニュアル」

もうオヤツに頼らない!もっとも絆を深める愛犬のしつけ方法の仕組みとは?

f:id:dogbsk:20170703085648j:plain

 

「オヤツ見せたりご飯の前だけはお座りできるの。 うちの子ってそういうところ、ゲンキンなのよね~」  

こんな話をたまに耳にします。

言葉は悪いですが「エサで釣るやり方」は、愛犬のしつけでは当たり前と思っている人も多いかもしれません。  

 

しつけトレーニングの場でも、オヤツ(トリーツ)をご褒美にするしつけ教室も多くあります。   

でも、BSKのトレーンングではオヤツは一切使いません。

 

BSKの愛犬のしつけはオヤツを使いません

 

なぜかというと、 ただ言われたことができるということをゴールにはしていないからです。  

何より大切なのは、良い関係性・絆を築くことで、それを皆さんに目指してもらっています。

絆を深めるために必要なコミュニケーション手段のひとつがトレーニングなのです。    

 

オヤツを使ってスワレをさせる時の 愛犬の頭の中はこんな感じでしょうか。  

「スワレ」という号令をかけられた。  

 ↓

座ったらオヤツがもらえた事がある!  

 ↓

座る・おやつもらえた!     

この場合、座らせるという目的は達成していますが、飼い主さんと愛犬とのコミュニケーションはほとんどなく、関係性を築くという要素はあまり感じられません。  

このような関係性のままで、 ある時からオヤツは与えないようにしたとしたら・・・   「座ったのに、ご褒美ナシなの?!」ってことになってしまいます。    

何か食べ物を見せないということをきかないようになったり、手の中にあるふりをしてだましていうことを聞かせたりしている人もいるのではないでしょうか。

 

オヤツ方式の最大の問題点

 

オヤツ方式のしつけの問題点は、おやつを与えるのをやめた時に愛犬ががっがりすることよりも、飼い主さんの心に悪影響を与えることです。

実は飼い主さんの方がずっとオヤツに依存しているのです。

オヤツがないということを聞かせられないかもという迷いや気迫のなさを愛犬は簡単に見抜くのです。

犬は言葉で理解するよりも気持ちが入っているかに敏感で、飼い主さんが強い意図をもっているほどいうことをききます。

 

その時によって言うことを聞く時と聞かない時とがあるのは、飼い主さんの心を見抜いているから。

それを知らない飼い主さんの自信はますます揺らいでいき、「オヤツがないということを聞かせられない」という思い込みを強くしていってしまうのです。

 

オヤツに頼らない愛犬のしつけ方法

 

愛犬をだましているような罪悪感に苛まれてしまいオヤツを手放せない人が信頼関係を築くためすべきことは、たった一つ。

それはおやつを与える代わりに褒めることです。

よくできた時に心を込めて、手で触れて褒めてあげることをご褒美にするのです。 

これは道具もいらず、手元にオヤツがなくてもできてとても簡単なことですが、犬たちにとってオヤツ以上の絶大なご褒美になります。

飼い主さんもとても気持ちがよくなりますし、愛犬もとても喜びます。

愛犬は飼い主さんの心を見抜くといいましたが、心を込めて褒める気持ちも愛犬に通じるのです。

 

すると次第に犬たちも、「オヤツをもらえるから言うことをきく」から「褒めてもらえるから言うことを聞く」に意識が変わっていきます。

でもすぐに、ご褒美目当てではなく飼い主とコミュニケーションを取ることが楽しい!という自発的な意識に変わっていくんです。  

こうした心の通いあいを大切にした質の高いコミュニケーションを取ることで、犬たちは飼い主を信頼し、いつも飼い主に注目するようになり、安心して言われたことに従おうとするようになります。  

 

まずは、心の通い合った「スワレ」から

     

これまでオヤツで釣っていたという人も、まずは心の通い合った「スワレ」から始めてみてください。  

これは飼い主さんの心のリハビリですから、いろんなことができることを望まずに、まずは最も基本的な事からやってみて、実績を積み重ねていくことが必要です。

スワレができたら心を込めて良く褒めてあげる。

これだけでとても気持ちがよくなり、お互いの関係が変わっていくことが実感できると思います。