愛犬が変わるたった一つの方法

あなたが変われば愛犬が変わる。BSKが綴る「飼い主さん矯正マニュアル」

【子犬】良い子に育てるための必需品!サークルを用意しよう

f:id:dogbsk:20171227223843j:plain

 

「子犬は何でも噛んでいたずらするもの、もうあきらめるしかない」

そんな風に思っていませんか?

それは、全く間違いです!

なぜいたずらしてしまうのかというと、いたずらできる環境で暮らしているからです。

BSKでは、ハウストレーニングをとても重要なトレーニングと考え、レッスンの中で取り入れています。

 

その前段階として、子犬を育てる時にもサークルを用意することをおすすめしています。

 

子犬を迎える前に用意しておきたいサークル型ケージ

 

子犬のうちは基本的にサークルの中で過ごさせるようにし、一日中フリーにして好き勝手にさせないのが上手な育て方のコツです。

サークルを使った子犬育てにはたくさんのメリットがあります。

私(BSKスタッフ)も、サークルを使った子犬育てをしていましたが、大きないたずらをされて困ったことは一度もありませんでした。

当時を振り返ってみて、ポイントとなるところをあげてみます。

 

子犬はいたずらするのが当たり前?

 「子犬は身の回りのものを何でも噛んで壊してしまう、スリッパ、大事な靴、リモコンやスマホ、イスやテーブルの脚もボロボロにされてしまった」

「でも、子犬は歯が生え変わる時には何でもかじりたがるからしょうがない、犬を飼うならその辺はあきらめないと」

・・・なんて話をよく聞きますが、それは分別のつかない子犬から目を放してしまっていたということだと思うのです。

子犬は好奇心いっぱいですから、確かにそこに何かがあればかじってしまうのは当たり前。

だからこそ、かじっても安全なものを与えてそれ以外のものは噛ませないように飼い主側が知恵を絞り対策していく必要があると思います。

 

子犬はハイハイを始めた赤ちゃんと同じ

人間の赤ちゃんも、なんでも興味をもって手に取ったり口に入れたりしますので、子育て中のお母さんたちは、赤ちゃんの手が届くところに危険なものを置かないようにし、目を放さないように気を配りますよね。

家事をする時にも赤ちゃんをおんぶしたり、眠っている間に済ませたりしていると思います。

子犬だって同じで、お母さんがそうするように、飼い主である人間が危険を排除し、見守ってあげなければならないのです。

人間は成長が遅く、この期間が数年続くわけで本当に頭が下がる想いですが、子犬は数か月で成長し、分別がつくようになってきます。

フリーにするのはそれからでも遅くはありません。

 

サークルは犬にとって安全地帯

サークルやケージに入れることは自由を奪って閉じ込めているような感覚がある人もいるかもしれませんが、犬にとって慣れたサークルやケージの中はむしろ安全地帯です。

いつもはサークル出て遊びたがるとしても、誰もいないところで一人でフリーになることは無防備な状態なので、逆に落ち着かず不安になって、一時的に泣き叫んだり物を壊したりというようなパニック状態になってしまう事もあります。

それと、子犬はたくさん眠る時間が必要です。

いわゆる常時室内で放し飼い状態よりも、サークルを利用して遊ぶ時と眠る時とメリハリをつけることは、子犬の健康管理の上でもメリットがあります。

 

遊ぶ時間以外はフリーにしないことを徹底

 

我が家では、家に連れてきて数か月の間は、何か他の事をしながらなど目を放す可能性がある時にはサークルの中で過ごさせるようにしていました。

お互いにペースがわかってきてから徐々にフリーにする時間を増やしていきましたが、それまでの間は、ちょっとトイレに行くくらいのほんの短い間でも、子犬をサークルに入れてから行くくらいに徹底していました。

 

目の届く範囲でフリーにして徐々に家に慣らしていくようにすれば、どんなものに興味をもっていたずらをしたがるかもわかってきます。

片付けが行き届いていなかったところにも気付く事ができ、いたずらを未然に防ぐ対策もできます。

 

サークル育児でもっとも大変だったこと

なんと言っても、呼び鳴きや夜泣きが一番頭を悩ませるところでした。

最初のうちは特に子犬は構ってほしかったり寂しかったりでクンクンキャンキャンすることが多いです。

でもここは心を鬼にして要求には答えない姿勢を貫き通しましょう。

要求吠えするようになってしまうのは、小さいころからの積み重ねによるものです。

いくらサークルから出て遊びたいと鳴いたり吠えたりしても、要求は聞いてもらえない、飼い主の都合に合わせなければならないと教えるために、態度で示して「泣いても無駄だ」と悟らせて諦めさせるようにしなければならないのです。

 

子犬のクンクン鳴きをやめさせる3つの取り組み

・心を鬼にして無言の一撃!

一番最初にやることは、うるさく鳴いている時に、丸めた新聞紙(大きな音が出る割に衝撃は少ない)で思いっきりサークルを1回だけ叩き、それはいけないことだという意思表示を見せることです。

これは頻繁にやるほど効果が薄くなるので、飼い主の関心が向いたと思わせないために無言で、思いっきり!これが最後という気持ちで感情的にならずに叩くことがコツのようです。

子犬が大きな音に驚いてシュンとして大人しくなれば成功です。

 

それからは鳴いている時に叱るというよりも、鳴かなくて済むような工夫をして、叱らずに済む状態を作るようにしていきました。

 

・子犬が鳴いているうちは出さない

鳴けば出してもらえると思わせないように、鳴くのをやめて静かにしている時に出してあげるように心がけました。

大人しくしているご褒美が一緒に遊んであげることになるようにうまくタイミングを見計うようにしました。

夜間や遊び終わって寝かせる時間の時には、サークルに布をかけるなどして視界を遮るのも効果がありました。

 

・サークルから出した時には一緒に遊んであげる

サークルから出した時には、フリーにして室内を探検させるだけでなく、おもちゃで引っ張りっこをしたり、持ってこいをしたり、関わり合う遊びをたくさんしてあげました。

他にも、来いやスワレの練習なども遊びの一環として子犬がやってきたその日から始めました。

こうした人間とのかかわりは、サークル内でおとなしくしていたご褒美になるだけではなく、遊び疲れるとサークルに戻した時には疲れて眠ってしまうので、サークル内でクンクン鳴くことも最小限になるという嬉しい効果があります。

飼い主と遊ぶのはとっても楽しいという想いを育てるためにも、関わりの時間を意識的に持つようにするとよいと思います。

 

サークル卒業を目指す時も段階を踏んで

子犬の頃は安全や健康、しつけのためにサークルを用いるのがよいことはわかったけれど、いずれはフリーでお留守番できるようになってほしいという人がほとんどだと思います。

その場合は必ず徐々に段階を踏んで練習していきましょう。

サークルの外でフリーで過ごす時間を増やして、多少目を放しても大丈夫だという感覚がつかめてきたころ、お留守番も短い時間から練習するようにするのがよいと思います。

 

愛犬のいたずらは飼い主次第

綺麗に片づける&目を放さないことが徹底できていれば、大切なものを壊されてしまったということもありませんし、誤飲による開腹手術などを避けることもできます。

何もわからないうちにいきなりフリーにしてしまう事は危険しかありません。

また、メリハリのある生活を小さいうちから慣れさせることで、人間の方が指示を出す側のリーダーとして関係性を築く基礎作りができます。

いたずらするものを排除したり、要求吠えするようなシチュエーションをなくしたり、飼い主さんは常に愛犬を導く側の立場だということを忘れずに取り組んでみてくださいね。