愛犬が変わるたった一つの方法

あなたが変われば愛犬が変わる。BSKが綴る「飼い主さん矯正マニュアル」

なぜあなたの愛犬にもドッグトレーニングが必要なのか

f:id:dogbsk:20200823125036j:plain

 

BSKでは『BSK流健康の4つの柱』の中で「家族の絆」という項目を挙げて、健康に欠かせないものとしてドッグトレーニングを位置付けていますが、今回はトレーニングと健康の関係性についてをお伝えします。

犬のしつけが必要な理由

 

犬のしつけは一般的には、人間と共に暮らすためのルールを教える「お行儀よくすること」だと認識されています。

いまや犬のしつけ・ドッグトレーニングは多くの愛犬家にとって必要なことと認識されていますが、ではなぜしつけが必要なのか、人と犬とに何がもたらされるのか、すべての犬に必要なのかなど、考えてみたことはありますか?

 

BSKでは、しつけ・ドッグトレーニングは人と犬とが信頼関係を築くために必不可欠なだけでなく、心身の健康にも大きな影響を与えると考えています。

犬との信頼関係を築く方法

犬は群れで暮らす生き物で、人間との家族を群れとして認識していると言われています。
群れの中で安心して暮らすためには信頼関係がとても大切です。

信頼関係は長く共に過ごす中で、約束を守る・相手を尊重して大切に扱うなどが積み重なって築かれるものですが、人と犬との間も同じです。

逆に、からかう、嫌がることをする、約束を守らない・だます・気まぐれに接し方を変えるなどは信頼関係を築くにはマイナスとなってしまいます。

ブラスを積み重ねることを意識的に行うのがドッグトレーニングです。

 

================

■人間側がリーダーとなって犬に適切な行動を促す

スワレ、来いなどの基本のトレーニン

■できたら報酬(ご褒美)を与える

心を込めて褒める・遊ぶ等楽しいことや嬉しいことがある

================

 

この約束をしっかり守り、繰り返しプラスになることを積み重ねて習慣付けていくことで信頼関係を築いていくことができます。

レーニングがうまくいかない理由

レーニングがうまくいかないということはつまり信頼関係がうまく築けていないということでもあります。

マイナスになることを知らず知らずのうちにしているというだけでなく、本来プラスになるはずのトレーニングの中で

  • 指示の出し方がわかりづらい
  • 褒めるタイミングが悪い
  • ご褒美があったりなかったりする

など、うまく機能していないこともあります。

このように意図が伝わっていなかったり、約束がしっかり守られていなかったりが続くと犬も混乱してしまい、飼い主が信頼に値する相手だと認識することができません。

優れたドッグトレーナーが犬をうまく扱うことができるのは、犬と信頼関係を築くための技術として、犬の状態をよく見て個性を考慮しながらわかりやすい指示を出し、必ず同じ対応をすることができるからです。

ドッグトレーナーに習うことにより、愛犬の性格などを見ながらその犬に合ったやり方やコツを学ぶことができます。

愛犬の問題行動の原因

無駄吠え・噛みつき・留守中のいたずら・成犬のトイレの失敗・偏食・分離不安など様々な困ったお悩みの原因も、実は信頼関係と密接に関係しています。

  • 群れの中で信頼関係が築けていない不安
  • 犬と人との立場が逆転してしまい犬がリーダーかのように人間に行動をさせるようになっている

ということが問題行動の根本的な理由であると考えられます。

根本的なところにアプローチせずに問題行動だけを見て治そうとするのではなく、基本のトレーニングを通じて「人が指示を出しご褒美を与える」ということをコツコツと習慣づけることと、普段の暮らしの中でのマイナス要素について見直しをし改善していくことによって、愛犬が信頼できる家族の一員として安心することができるようになると驚くほど効果が出ることがよくあります。

 

安心がもたらす健康への作用

レーニングによって得られた信頼関係による安心は、ホルモンにも影響を与え、心が落ち着き血行が促進されたり、ストレスへの耐性もついたり、健康に大きなよい影響をもたらします。

もちろん人間側も、愛犬が健康で信頼関係がしっかり築けていて問題行動に悩むこともなければ、毎日がもっと楽しくなり愛犬の事がもっと好きになり、お互いが幸せでいることができます。

 

このような理由からすべての犬とその家族にトレーニングが必要だと考えています。

犬との暮らしを望むのであれば、人と犬と双方が心豊かで健やかでいられることが望ましく、愛犬の存在が家族をひとつにする絆であってほしいと思います。

 

BSK流4つの健康の柱

BSKでは、袴田オーナーのおよそ40年の経験や知識を元に、 愛犬を健康に育てるために大切なことを4つ提唱しています。

  • 良い食事
  • 十分な運動
  • 自然とのふれあい
  • 家族の絆

この4つは、生まれながらにもつ元気であろうとする力・治ろうとする力=自然治癒力を最大限に引き出すために必要な要素で、どれも同じくらい大切で密接に関わり合っています。

BSKにおけるすべてのサービスは一貫してBSK流健康の4つの柱を反映して提供されています。

dogbsk.hatenablog.com