愛犬が変わるたった一つの方法

あなたが変われば愛犬が変わる。BSKが綴る「飼い主さん矯正マニュアル」

愛犬の悩み解決法 こころ編③ もしもあなたが少しだけ変わったら?

f:id:dogbsk:20180213202107j:plain

 

これまでのお話をまだ読んでいない方はこちらを読んでからどうぞ。

 

 

さて、最後に思い切って、もしも「ドッグフードだけを食べるようになってほしい(それができないのはよくないことだ)」という想いをあなたが手放したとしたら?のシュミレーションをしてみようと思います。

「犬にはドッグフード」というのは今や当たり前で、これまで強く抱いていた想いを変えることはそう容易い事ではないことは十分承知です。

これからお話することが受け入れがたい、間違いだと思うなど、少なからず抵抗を感じる人もいるかもしれません。

でもこれまでの2つのお話を読んで、ちょっとでもなるほどなぁと思う点があったならぜひ読み進めてみてください。

 

もしもあなたが少しだけ変わったら?

もしもあなたが「ドッグフードが最適な食事、ドッグフードだけを食べられるようになってほしい」という理想への力みを緩め、逆にこれまではあまり興味がなかったトッピングや手作りについても少し学んでみることにしたとしましょう。

これまで疑問に思っていた栄養バランスの不安は解消され、ドッグフードとは違うメリットにも気付く事ができ、安心して与えることができるようになったならどうでしょうか?

 〇(マル)の肯定的なエネルギーが食事にも注がれて、日替わりで美味しいご飯が出されるようになったら、もしかするとこれまでよりも食べるようになるかもしれません。

与えられたものをちゃんと食べている姿を見て、とても満たされ幸せな気持ちになって、憂鬱だった食事の時間はこれまでよりもずっと楽しいものになるかもしれません。

愛犬は「フードを食べないわがままな子」「あなたを悩ませる問題の種」という✖(バツの負のレッテルを貼られることなくなります。

すると不思議といろんなことに余裕が出てくるばかりか、周りに変化が現れてくるのです。

たまにはフードだけでも食べてくれるようになるかもしれません。

もちろんせっかく作ったご飯を一口も食べない時だってあるかもしれません。

でも以前とは違って、まぁいいかとゆったり構えられるようになるかもしれません。

これまでだったらだったことが、いつの間にかに変わることが増えていく・・・

 

もしもこうなったなら、家庭にはのエネルギーが満ち、循環して、今よりもっと愛犬との暮らしが楽しくなりそうに感じませんか?

 

あなたには今とは違う道を選ぶ自由がある

このシュミレーションはあくまでシュミレーションですから、当然のことながら必ずこうなるとは限りません。

ここでお伝えしたいのは、あなたが握りしめている想いの外には、いろんな道、可能性があるよということ。

 

ドッグフードと手作り食、どちらの方が優れているということではありません。

これまで同様頑張り続けることと、少し視野を広げてみるのと、どちらが難易度が高いかも人によって違うでしょう。

どちらかしか道がないわけではなく、なにか正しいものがあるわけでもありません。

あなたさえその気になれば、悩みを抱えた今とは違う生き方を選択することができるということなのです。

 

 

 

 

愛犬がドッグフードを食べなくてお悩みの方にはこちらも。